メニュー

HOME > ブログ > 建物の屋根に関して

建物の屋根に関して

こんにちは、ハグハウス川口の久保田です。

 

今日のブログは現在建築中のお住まいの写真を掲載しながら、

タイトルにあるような建物の屋根に関して触れて行こうと思います。

 

屋根は雨が建物内に入らない様に防ぐ大変重要な箇所になりますので、

チェックをする弊社としましてもしっかりとチェックをしなくてはなりません。

 

 

 

上記の写真は屋根材(ガルバリウム鋼鈑)を貼る前の防止の役割を果たすルーフィングの

貼り付け状況写真です。

 

この下には12mmの合板があり、ルーフィングを貼ることで雨水の侵入を防いでいます。

 

本現場は片流れ屋根といって、片方向に屋根の勾配が付いていて屋根同士が入り組まない為、

見栄えがスッキリして見えるのが特徴です。

上の写真はルーフィング同士の重なり具合です。

この重なりが不十分だと雨漏りの原因になります。

 

この様に工事一つ一つチェック項目があり、このチェックを通過しないと、

次の工程の工事に進めません。

 

お住まいのご建築をご検討されている方は、実際にご覧頂くとより建物に関するご理解が深まると思います。

 

何か気になる事があればお気軽にお問合せください。

 

ハグハウス川口

TEL 048-285-9318

kubota@world-home.jp

 

 

ハグハウスで幸せな暮らしを。お問い合わせはこちら ハグハウスの実例集をプレゼント。資料請求はこちら
ハグハウスで幸せな暮らしを。お問い合わせはこちら ハグハウスの実例集をプレゼント。資料請求はこちら